<<前のページ123456次のページ>>

本日代表質問をおこないました

2020.03.02 20:47:42

3月定例議会の代表質問を、今日おこないました。
昨年の市議会議員選挙で掲げた公約について網羅的に質問に組み込んだため、大変分量が多く、1階の質問と答弁だけで質問時間を使い切りました。
全体的には、ほぼこれまで通りの答弁がほとんどです。

感染症対策では、この間の経過などについて質問。28日の一斉休校決定から今日までに緊急に寄せられた保護者や教職員の声も紹介して、せめて卒業式はやってほしいという声に応えるべきと要望しました。

公共交通の問題では、休止しているせんげん台駅東口・市立病院間路線について、事業者が再開のための条件について市に提示する予定があるとのことで、提示され次第再開を求める市民団体に知らせるということでした。条件の中身によって、今後の取り組みを考える必要があります。

教職員の変形労働時間制は、越谷では導入しないよう求めました。様々な課題で国が言えば多くの場合ほぼその通り実行してきているという印象が強いのですが、この問題では「慎重に検討」という答弁でした。今後の動きを見ていく必要があります。

越谷市HP中の市議会のページで、数日後から録画中継が視聴できます。また後日議事録も公開される予定です。そちらもご確認いただければと思います。

テーマ:議会/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

吉川市議選告示

2020.01.19 23:21:28

お隣吉川市の市議会議員選挙が、今日、告示されました。定数20人に対して26人が立候補する大激戦で、日本共産党は現有4議席確保に全力で取り組みます。
わたしは遠藤義法候補の出発式に参加してきました。日本共産党吉川市議団の要として、引き続き活躍してもらえるように、全力で支援します。
出発式には伊藤岳参議院議員も駆けつけ、激励しました。

 
みなさんのご支援・ご協力も、ぜひよろしくお願いします。

テーマ:選挙/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

成人の日

2020.01.14 21:40:40

昨日が成人の日でした
越谷市では成人式は地区ごとにおこないますが、桜井地区では一昨日開催されました。まあ13地区(11会場)すべてが一昨日開催しているはずですが。

新成人のみなさんには、それぞれの権利や自由について、ぜひあらためて考えてほしいと思います。本来すべての人が生まれながらにして持っているはずのこの自由と権利は、決して自動的に与えられたものではなく、長年のたたかいと運動で勝ち取ってきたということ。それを怠れば、権力者によって簡単に奪われてしまうということ。そして日本でも世界でも、いまだに様々な差別があり権利が行使できない状態の人が大変多くいるということ。特に日本ではここ数年、これらの権利を制限し権力者の都合がいいように操ろうという動きが活発になっているということ。みんなが声を上げていかなければ、誰か一人でもそれをさぼったらすぐに状況は悪くなるということ。そして気が付かないうちにいろんな権利が骨抜きにされて、気が付いた時には手遅れになっていることも多いということ。
「未来は若者のためにある」まさにみなさんのために未来はありますが、その未来が輝かしいものになるかどうかもまた、みなさんにかかっています。もちろんそのための土台というか、事ここに至るまでの道筋が果たしてどうだったのかと言えば、多くの先人、あるいはわたしたちのような今「働き盛り」と言われるような世代の責任も大変大きいし、そこから目を背けるつもりはありません。しかしみなさんの言動如何で、この先は大きく変わるし変えられるということを期待します。

世界でも日本でも、昨年は大きな変動を若者が作り出しました。みなさんもご存じだと思いますが。
1つはスウェーデンの高校生、グレタさんです。気候変動について、世界の指導者を相手に素晴らしいスピーチをしました。また自ら行動しています。「いのちやくらしが脅かされているのに、あなたたちは経済の話しかしない」「何もしないことよりも、何かやってるふりをしていることの方が罪深い」という主旨の発言もありましたが、ほとんど日本政府を名指ししているかのように、わたしは感じました。さらにはこの発言の直後に環境大臣が情けない発言をして、今回のCOP25だけで2回の化石賞を受賞しています。こんな政府で良いのでしょうか。こんな政府で、果たしてわたしたちのいのちやくらしが守れるでしょうか。
もう1つは、大学入試改革を巡る騒動です。もともと受験産業と密接に結びついた、言ってみれば汚い金で癒着した自民党幹部が主導して、若者たちの未来を決める大事な場を大企業の儲けの場として売り渡そうとしていることが発端ではないでしょうか。だから「身の丈」なんていう、文部科学大臣としてあり得ない発言が飛び出すのだと思います。英語の民間試験導入も、国語・数学の筆記試験導入も、若者たちの声と運動で延期・見直しに追い込まれました。大学入試改革の2枚看板がどちらもとん挫したということです。一度決めたことが延期されるのは大変珍しいことで、若者こそが政治と未来を動かす力になるということが強く実感された出来事となりました。

日本ではそもそも教育の場で、「憲法」や「権利」を教えないという、民主主義を名乗る国としては悪い意味で稀有で特殊な国になっています。こんな政治をする政府やこれまでその政治で良いとしてきた歴代政権から「さようなら」をすることが、どうしても必要だと思います。そしてそのための力も、みなさんが持っています。一歩踏み出して、あるいは踏み込んで、飽きずに、あきらめずに、我慢せずに、「少しでもいいくらしを、そのためにいい政治を」の声を、ご一緒にあげていきましょう。

テーマ:地域行事等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

吉川市議選演説会

2020.01.05 21:05:56

本日午後、吉川市のおあしすで、1月19日告示26日投票の吉川市議選演説会をおこない、2人の現職と2人の予定候補、伊藤岳参議院議員が必勝を訴えました。
会場いっぱいの来場者で、それぞれの話に大きな拍手が送られました。
越谷でもそうですが、一人一人の話をよく聞き、現地に足を運んで調査して、市政・県政・国政に届ける決意が語られました。
全員当選めざして、ぜひ多くのみなさんのご支援とご協力をよろしくお願いします。

テーマ:選挙/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

一夜明けて

2019.10.13 10:22:53

あらためて台風19号で被害にあわれたみなさんに心からお見舞い申し上げます

午前中に、今度は自転車で、地域を見回ってきました
夜撮った写真よりも、状況がはっきりしてきたと思います

 
廣橋から下流方向と上流方向です
極力同じ構図になるように撮ったつもりですが新方川の水位が良くわかると思います
台風は北上したので、つまり越谷で雨が止んだあとも上流方面で雨が続いていたということになります
新方川周辺ではまだ油断できない時間が続くということだと思います


間久里新田橋から北陽中へ向かう方向でここもまだ冠水していて通行止めになっています
4年前の水害で最も被害が大きかった地域の一つです

この船渡あたりから南の大杉橋付近の大杉あたりまでが4年前に水没して、その後新方川のかさ上げにともなってポンプの増強などが計画されていた地域でもあります

その船渡から大杉方面を見ると……

この写真の右半分は田んぼですが左半分は実は道路です
完全に境目がわからなくなっています

逆に大杉橋から北方向は……

こちらも境目がわからない状態で水没です

さらに大杉橋から東方向の道路は……

通行止めです
太ももあたりまで水が出ていて排水が追い付いていません
周辺の家では床上35センチの浸水で、道路の水が引かないと家の水も出ていかないので片付けもできないという声が出ています

この大杉・船渡付近の一定の水は、大杉橋のあたりに集められて排水する計画になっています
この計画に変更がないのだとしたら、ポンプをさらに増強するなど排水能力の見直しで向上を図る必要があるのではないでしょうか

不幸中の幸いというべきか、今回は4年前に比較して市内の被害はまだしも少なかったようです
だとしたらこういった「明らかに毎回大きな被害が出ている場所」に集中的に対応するなど、対策の立て方にも工夫ができるのではないでしょうか

なお夜中見た時には水が出ていた弥栄2丁目は、午前中に見た時にはすでに水が引いていました

また市からの情報提供によれば、昨夜避難した人は市内全体で911人、停電が数カ所で発生したとのことです

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲