<<前のページ123456次のページ>>

雑感

2018.02.08 21:14:25

ここのところいろいろな人と話していて思うこと。
こちらのことをわかろうとしてくれている人、日本共産党は中国やソ連の共産党とは違うと認識してくれている人でも、そもそもの認識でちょっとこちらとずれがあるなぁと感じる。

それが「資本主義=民主主義=正義」。
そしてその裏返し的に「共産主義=独裁=悪」。
まあこちらの話を聞こうとしてくれる人は後者の意識は弱いけど、でも前者の意識は結構ある。

民主主義がかなり正義に近い、ほとんど正義と言っていい、という部分はまあ良しとして、より正確に表現するとすれば「民主主義≒正義」だろうか。その一方で前の部分「資本主義=民主主義」というところは、はっきり言って正確ではないと思う。

もちろん資本主義の発展段階の一時期で、民主主義の発展にとって資本主義が大きく貢献し役に立ったことは間違いないし、それを否定する気はない。
ただそれは資本主義の発展にとって民主主義が一定の都合良さを持っていたから、資本主義に合わせて民主主義も発展するように力関係が働いたのであって、資本主義にとって民主主義は絶対ではない。
現に資本主義の国の中には、民主主義ではない国もある。議会等があっても、主権が例えば「王」などにあって「民」にないのであれば、実質上は民主主義に近くても、民主主義とは言えないと言わざるを得ないのではないか。
そしてそもそも「資本」は「民」ではないので、「資本」にとっての利益を最優先にする結果、「民」にとっての利益がないがしろにされるということはありうるし、実際にそういうことは日本でも起こっている。
だから資本主義と民主主義は、=ではないし、かといってそのすべてが≠でもないと思う。「一時期は資本主義≒民主主義」で、「現在は資本主義≠民主主義」とするのが、より正しいかもしれない。

これに対して共産主義は、民主主義への態度という点で資本主義への対案としてとらえるとわかりやすい。そもそもが、「資本主義は資本を優先するあまり民をおろそかにする」ことを指摘して示された理論という一面があって、いわば「民主主義を大事にするために生まれたのが共産主義」と言い換えることができる。
だから本来は「共産主義≒民主主義」でなければならない。少なくともそういう段階を経るものでなければ「何のために共産主義という考え方が生まれたのか、その意味や意義が全くなくなってしまう」、ということになりかねない。
そのため過去の中国やソ連が独裁的に、また覇権主義的に、民主主義とはかけ離れた政治を行なったことに対して、日本共産党は「あれは共産主義とは全く違うものだ」とはっきり表明している。
そういう意味で、冒頭で書いた2つのうちの後者は、「独裁=悪」は「民主主義=正義」とほとんど同じ感じでほぼほぼ間違いじゃないとしても良いと思うが、その前の「共産主義=独裁」というのは、まったく正確ではないし、むしろ本来からは正反対の認識ということになる。

日本共産党は、いつでも、何度でも、この「まっとうな共産主義を主張する政党としてまっとうな民主主義を実現する」ことを確認し続けている。それをもっと多くの人に知ってもらいたいと思うし、そのために引き続きがんばりたい。

※当初投稿したものに後日加筆修正

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

憲法ミュージカル

2017.03.19 11:45:07

学生時代、埼玉で10年連続で取り組まれた憲法ミュージカル「I LOVE 憲法」に、第3回から第6回まで、参加していました。
その後山梨や三多摩、大阪などに広がっていましたが、15年ぶりに埼玉公演が取り組まれます。
昨日はそのプチ同窓会に参加してきました。

今だからこそ「あらためて憲法を」、この想いは昨日集まった仲間とも共有できたと思うし、きっと今回の出演者のみなさんとも共有できてるだろうと思っています。

みんなで見に行こう!

チラシやチケットありますので是非ご連絡ください。

埼玉×三多摩憲法ミュージカル
https://www.kp-musical2017.com/

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

今夜はちょっぴり共産党@Saitama

2015.03.01 23:40:16

「今夜はちょっぴり共産党」というニコニコ動画があります。
第20回記念に出演しました。

http://jcp-sai.jp/movie/7864

緊張しましたが越谷市議選予定候補の若手3人でいろいろと話してきたのでぜひご覧ください。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

敬老会に参加しました

2014.09.15 15:14:43

市の敬老会が、14日(日)、15日(月・祝)に行われました。
昨年は台風で中止になったため、2年ぶりの開催です。
全体の高齢者の人数が増え、年々参加者が増えているため、5部制で行われました。
越谷市全体では、100歳以上の人数が83人、最高齢は105歳、今年度100歳になる人は41人いるそうです。

市の敬老会の参加は75歳以上だとか、国の後期高齢者は75歳以上だとかということを考えると、やはり77歳の敬老祝い金廃止は、敬老の精神等と考えあわせても説明不足であり、十分な合意が得られないまま強行されたという印象を受けざるを得ないと感じています。

また高齢者にお金がかかるから削るという論理も、むしろ地域や社会を支え続けてきた高齢者が安心して老後を暮せるようにすることは政治の責任であり、現役世代にとっても将来を見据えた生活設計という点で直面する課題として重要です。高齢者を削って子育て世代に回すとか、現役世代も我慢してるんだから高齢者も我慢をするということではなく、子どもも、青年も、現役世代も、子育て世代も、ベテランも、老後も、全体の底上げをしていくために税金って納めているのではないでしょうか。
それなのに社会保障や福祉が大変だからと税金はどんどん上がるのに、社会保障や福祉のサービスは削られ続けています。代表的な例が消費税です。

口先だけではない高齢者を敬う気持ちを政策として実現させるために、そしてそのことを通じて全体の社会保障者福祉を充実させていくために、引き続き頑張ります。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

桜井地区の成人式がありました

2014.01.13 00:09:41

越谷市では本日一斉に各地区で成人式が行われました。
私も桜井地区の成人式にお邪魔をしてきました。
わたしは40歳ですので、ちょうど2度目の成人式に…今回成人する人たちの2倍の年齢なんだなぁなどと考えながら参加させていただきました。
桜井地区では今年成人式の対象の人が全部で334人で、そのうち82.5%が式に参加したそうです。この参加率は、毎年市内で一番ということで、今年も多分そうでしょう。

成人して一番大きいのはやはり選挙権でしょうか。
次の選挙は突然解散総選挙ということがなければ来年春のいっせい地方選挙になるかと思いますが、自分たちの暮らす市や県、国の将来に大きな影響を及ぼす力を、ぜひ放棄することなく活用してもらいたいと願います。

テーマ:その他、政策等/ コメント(2)/

ページの先頭へ▲