<<前のページ12345678910次のページ>>

自衛隊の行軍訓練に抗議

2013.03.27 18:34:38

本日自衛隊が、大宮駐屯地から越谷市を抜けて、吉川市までの行軍訓練を強行しました。
白昼に市街地を、迷彩服での行軍です。
一応名目は、大規模災害時のための徒歩訓練ということですが、災害救助が目的ならば銃を持てばそのまま戦場に出ることができる格好での行軍はおかしいのではないでしょうか。
この軍事訓練行動に対して、抗議の意思表示を行なってきました。

もちろん東日本大震災をはじめとして災害救助・復旧に大きな力をはたしておりますが、自衛隊の目的の第一は、紛争を武力で解決することにあると明記されているわけです。災害救助が最大の仕事であるなら軍備は不必要で、災害派遣に特化した訓練と装備に改めれば、巨額の軍事費もいらなくなります。
また昼間市街地を通るのでは、市民に対して無用な不安を与えることになりかねません。
何よりも平和でなければ命も暮らしも仕事も守れず、武器で平和が作れないことも誰もが知っていることです。
冷戦時代に世界中を覆っていた軍事同盟は今や解体されたり形骸化したりと減り続け、現在の世界で実質的に機能していると言えるのは、NATO、米日、米韓、米豪の4つだけと言われております。これに対して紛争を戦争ではなく話し合いで理性的に解決することを目的にした、非軍事の平和的安全保障の枠組みは、南アメリカや東南アジア諸国を中心に、先述の軍事同盟に加わっている人口をはるかに凌駕しています。
時代遅れの軍事同盟にしがみついて軍事費を増やすことより、被災者に寄り添った復興や、国民の生活そのものを底支えして自殺者を減らす、或いは子どもたちがもっとのびのびと遊んだり勉強したりできる体制づくりや子育てしやすい環境づくりにこそ、知恵もお金も手間暇もかけていくべきではないでしょうか。

白昼の行軍訓練強行に、強く抗議します。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

消防音楽隊定期演奏会

2013.03.24 15:37:54

これももう1週間たってしまいました。
3月17日に開催されました。3列目のど真ん中で、目の前の大迫力で楽しんでまいりました。
これまで何かと都合がつかず参加していなかったのですが、今年はようやく見に行くことができました。
消防や救急の活動の紹介などもあり、多彩な出し物で、大人にも子供にも楽しめる内容ですね。
4eaa86d8.jpeg

毎日の安心安全を守る活動と同時に行っているわけですから、頭が下がります。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

国会が開会しました

2013.01.30 21:57:03

安倍首相の所信表明もおこなわれましたが、本音を隠した中身のないモノだと感じられました。
争点隠しはしないとテレビ番組などでも言っているようですが、憲法改悪、国防軍、原発や領土問題、沖縄基地・オスプレイ問題など、すでに様々に国民との矛盾が明らかになっているもとで、それでも参議院選挙までは経済対策一本に絞ってそれ以外には何とか口をつぐんで乗り切ろうという魂胆が見え隠れしているのではないでしょうか。
そもそもその経済政策にしても、消費税増税をしたいがために景気回復をしたという口実がほしい、そのための物価上昇目標です。雇用や賃金は企業任せで、これではどんなに株ばかり上がっても首切り・リストラの嵐と人件費抑制の流れは止まりません。政治の力で規制をかける必要があります。賃上げ目標を設定し、家計の消費を温める政策にしない限り、物価だけ上がっても賃金は上がらず、庶民はますます苦しい生活に追いやられることになります。
また政府の計算ではパソコンや携帯・スマホなども物価に反映されることになりますが、これらの家電などは新製品のペースが速くすぐに値下がりするため、物価目標にとってマイナスに働き、どうしても物価目標を達成しようとすれば、食品や衣類、生活雑貨、日用品など、生活に欠かせないものが大幅に値上がりする必要がります。これでは、とても暮らしていけません。政治のやるべきことをはき違えている、庶民の生活のことは全く視線に入っていないと言わざるを得ない暴論です。

しかも自衛隊を国防軍にするという策動も、重大な問題をはらんでいます。軍隊というのは、それだけで文民統制から逸脱する存在であるということは、歴史と事実が明らかにしています。
わかりやすい例でいうと、海上自衛隊の「あたご」と漁船が接触事故を起こした裁判でも、今は軍隊ではないので、通常の裁判所で、すべて公開されて、判決に不服があれば控訴でき、民間人と自衛隊とが公平に扱われることになっています。
しかし軍隊になってしまえば、軍が絡んだ事件・事故はすべて軍事裁判所で、秘密裁判で軍人が裁くことになります。民間人と軍人のトラブルを軍人が裁いたら、どんな結果が出てくるか誰が考えても明らかではないでしょうか。しかも軍事裁判には一審しかないので、不服でも二度とやり直しはありません。
自国の軍隊が自国の国民の権利を不当に奪うことは戦前の日本だけでなく世界中で起こっており、武力や戦争では平和は作り出せないというのが、世界人類の知恵と理性の現在の到達点です。事実、冷戦時代には世界中を覆っていた軍事同盟は、今やたった3つしか機能していません。いずれもアメリカを中心とした米日、米韓、NATOです。
これに対して、地域のことは地域の中で平和的な話し合いで解決する、武力や軍事同盟に頼らない地域の組織。平和的安全保障の考え方が、世界に広がりつつあることをご存知でしょうか。
日本の平和憲法も、その第2項で戦力の不保持を謳っているからこそ、平和憲法として世界に認められています。第1項にあたる平和を求める条文は、他の国の憲法にも見て取ることができ、第2項あってこその日本国憲法だということをはっきりさせる必要があります。
自民党改憲草案ではこの第2項を削りながら第1項があるから平和憲法だなどと強弁していますが、とんでもないごまかしです。
成人式の際新成人のみなさんからも、また昨年の学生議会で学生議員のみなさんからも、異口同音に、国と国の間に問題があっても人と人は仲良くしたいという言葉が聞かれました。
国と国の間の問題を戦争にせず、話し合いで解決するのが政治の仕事です。
そのためには、軍備増強や軍隊整備では、エスカレートして戦争に進む道につながります。相手に軍縮を迫るならば、まず自分が軍縮をする、あるいは一緒に軍縮をする、これが当たり前ではないでしょうか。自分は軍拡で相手だけ軍縮をしろなどということは通りません。
平和でなければ仕事も暮らしも成り立たない、そのためにも憲法改悪反対、国防軍反対です。

夏の参議院選挙で、改憲勢力の議席を増やさせない、そのためにも、日本共産党の議席をぜひ大きく伸ばしてください。どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

平和の問題を改めて考えました

2013.01.18 09:49:51

今回も外で書き込みをしています。
家の回線については、業者に工事を依頼中ですので、今しばらくお待ちください。

先日成人式が行われましたが、テレビなどのアンケートや街頭インタビューで出されていた新成人の皆さんの言葉があります。
「国と国の間に問題があっても、人と人は仲良くしたい」
これは多くの人の共通の願いではないでしょうか。
国と国の間の問題を戦争にせずに、理性的な外交努力で話し合いで解決することが、政治に求められている最も大きな課題だと改めて認識しています。
相手が暴力的・武力的な行動をしたからと、こちらも武力で対抗すれば、いつか戦争にエスカレートしてしまいます。
そうしないためにも外交交渉のテーブルをまず用意することが必要ですし、そこに大きな役割を果たしているのが憲法九条であることは、間違いのない事実です。

安倍内閣は早くも憲法改悪・九条骨抜きを公言しており、決して認めるわけにはいきません。
平和でなければ暮らしも仕事も成り立ちません。
夏の参議院選挙で改憲勢力をこれ以上大きくしないためにも、引き続き先頭に立って奮闘します。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新年になりました

2013.01.08 14:49:35

今年も、市民の命とくらしを守るため、憲法の精神である平和的・民主的条項のすべてが私たち一人一人の生活に生きるよう、全力で頑張ってまいります。
また、昨年は衆議院選挙で大変お世話になりました。今年は参議院選挙があります。国民生活を守る大事な議席獲得に向けて奮闘いたしますので、引き続きのご支援・ご協力をどうかよろしくお願いいたします。

またもやという感じですが、年末から回線状況が悪く、今も自宅ではないところから書き込みをしています。
何とか早く元のペースに戻れるようにしたいと思います。

テーマ:その他、政策等/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲